ホーム > 旅行会社 > ジェットスター > ジェットスターの予約変更はしやすいか

ジェットスターの予約変更はしやすいか

基本的には差額のみで変更可能

ジェットスターでは基本的には予約変更を自由に行うことができます。フライトを変更したことによって差額が生じたときにはその差額を支払うだけで手続きを終えることが可能です。

基本的にはウェブサイト上でログインして手続きを行うことになりますが、24時間いつでも利用できるので思い立ったときに速やかに予約変更を行えます。

ただし、選んでいる運賃タイプによっては予約変更を行うときに手数料がかかる仕組みになっていて、その場合にはウェブサイトから変更を行うのに比べて空港のカウンターやコールセンターで行うと手数料が高くなるので注意が必要です。最も安い運賃タイプであるStarterのときにのみこの手数料が発生する仕組みになっています。

エコノミークラスの間での違い

エコノミークラスの最も安いStarterでは予約変更に手数料がかかりますが、他のStarter PlusやStarter Maxの場合にはかかりません。それに加えて状況によっては見舞金を支払ってもらえるサービスにも同時に加入できるのがStarter Plus及びStarter Maxのメリットです。

天候や機材の故障などの影響で欠航があった場合や、六時間以上の遅延があったとき、予定外の空港への着陸が必要になったときなどについて見舞金が支払われる仕組みになっています。ジェットスターの予約変更ができる条件は空席があるフライトが見つかることであり、このような状況ではキャンセルして他を探す必要も生じるでしょう。そのときに役立つ見舞金まで手に入るのです。

当日のフライト変更が無料なプラン

ジェットスターのエコノミークラスの運賃タイプにはStarter FlexiBizというものもあります。これはビジネス出張向けに用意されているプランであり、予約変更は最もしやすいプランになっているのが特徴です。

当日でもフライトの変更が無料でできるだけでなく、搭乗者名まで変更手数料をかけずに変更してもらうことができます。また、予約変更をするだけでなくキャンセルも可能です。全額を現金で戻してもらえるわけではありませんが、フライトバウチャーで払い戻しをしてくれるので、再度ジェットスターを使うときに利用することが可能です。

航空券代の支払いに使用することができるフライトバウチャーなので、キャンセルがあっても心配ないことから勤務先ではジェットスターを利用するのが習慣になっています。