ホーム > 旅行会社 > ジェットスター > ジェットスターの予約変更は最初の予約時にできるように選択するのが一番お得です

ジェットスターの予約変更は最初の予約時にできるように選択するのが一番お得です

ジェットスターは何もオプションを付けないのが一番安い

ジェットスターはとにかく安さが魅力のLCC(Low Cost Carrier)です。私は大分から成田を往復したのですが、片道が5900円台と6000円を切るあまりの安いお値段にびっくりした覚えがあります。往復でおよそ12000円、ネットからの予約でクレジット決済をするとさらに1000円の手数料が必要で約13000円ほどかかりました。それでもまだまだ安いという印象です。

もちろん、地域や搭乗日によってお値段は変わるのでここに挙げる数字は参考に考えてください。これは全くオプションを付けないお値段です。オプションは有料でさまざまなものがあります。例えば、預ける荷物の重量や乗りたい便が欠航したときの補償、さらには機内での飲み物のサービスなどもすべて有料です。予約変更もそのオプションの一つとなります。ジェットスターは何のオプションも付けないときが一番安いというのを基本として覚えておきましょう。

予約変更のオプションはちゃっかりプラスがお勧めです

ジェットスターを一番安く利用するには何のオプションも付けないのが一番だということがわかりました。ネットで予約をするときにいろいろとオプションを入力する欄があるのですが、すべてを選択しないで予約を完了すれば最も安くなります。しかし、後から予約変更の必要が出てきたときにはどうなるのでしょうか。実は私はその予約変更も体験したのです。

成田から大分への帰りの便を一日遅くする必要が出て来て、ジェットスターのサイトからあらためて予約を変更したのですが、変更手数料と差額で新たに7400円程度かかりました。もともとの予約で5900円台のお値段で変更したら、その倍以上かかったのです。この数字も搭乗日によって違うので参考にしてほしいと思います。私が得た教訓は予約変更ができるオプションを最初の予約時につけておけばよかったということです。そのオプションの名前はちゃっかりプラスといいます。

オプションの値段とリスク軽減はトレードオフの関係です

ジェットスターのちゃっかりプラスは予約変更の手数料が無料になるだけでなく、機内預け荷物が10Kgまで可という大変お得なオプションになっています。私が最初に乗った時は荷物もそれほど重くなく、予約の変更もなかったので何のオプションも付けず安く乗れました。二回目に乗ったときは予約変更をしたばかりに片道料金の倍以上の追加料金が必要でした。

予約変更というリスクに対応するのがオプションでその関係は、値段をとるかリスクの軽減をとるのかのトレードオフになります。最初の予約時に日程も持ち込む荷物の量や重さも完全に決まっているのならば問題なく安さをとるがよいのですが、少しでも不確定な要素があるときは予約変更ができるちゃっかりプラスをオプションとして選択する方が安心できると思います。