ホーム > 旅行会社 > ジェットスター > ジェットスターの予約変更に関する注意点

ジェットスターの予約変更に関する注意点

ジェットスターでの予約変更はオプションを上手に使いましょう

ジェットスターは、その安さが魅力で私は何度も利用しています。予約はインターネットで受け付けていますので、最初のうちは全くオプションを使わずに、つまり最も安い値段で旅行に臨んでいました。しかし、あるとき、旅先での予定が一日多くかかることが事前に判明したのです。予約変更は予約時と同じくジェットスターのサイトから行えます。

具体的な数字をあげますが、飛行機片道5900円で予約していたところ、一日遅い便にしただけで新たに7400円かかってしまいました。変更料や飛行機代の差額とのことでしたが、最初に払った代金以上の料金がかかってしまったのです。この件の教訓としてジェットスターを利用するときは、予約変更のオプションを付けるのが大切ということを学びました。ジェットスターは値段が安い分、変更に対応するのにもお金がかかるのです。

最初の予約時にオプションを付けておきましょう

ジェットスターを予約するときに少しでも予約変更の可能性を感じたら、少なくともちゃっかりプラスのオプションを付けておきましょう。このオプションを付けるだけで便の変更手数料が無料になります。後からではなく、予約のときにオプションを設定しておく必要があります。

このちゃっかりプラスのオプションは他にも利点があります。何もオプションを付けないときは、機内に持ち込む荷物は2個、最大7Kgまでです。これを超える重量の荷物があるときは別料金が取られます。しかし、ちゃっかりプラスを付けておけば荷物2個、7Kgに加えて別に10Kgの荷物を預けることができるのです。予約変更が無料でできる上に荷物も10Kg多くても大丈夫ですのでこのオプションは付けておく方がいいでしょう。

今は必ずオプションを付けています

ジェットスターを利用するときはバランス感覚が必要と感じています。ただひたすら安さを追求し乗るだけでよいというのなら何もオプションを付けないのが一番お得なのですが、一度予約してしまって後から予約変更をしたいときには却って料金がかかってしまいます。対策としては、予約の段階の最初からオプションを選択するのがリスク回避のためにいいのではないかと感じています。安さをとるか、万一の変更に備えるか、考えのしどころなのでそのトレードオフのバランスが大切なわけです。

私は、今は必ずオプションを付けていますが、もし初めてジェットスターを利用するのなら、最初はオプションなしにして、さまざまなリスクを感じるようになったら用心深くオプションを付けるのがいいのではないかと思います。